パチンコ

パチンコ初心者必見!始め方と押さえておくべき知識・注意点まとめ

パチンコ初心者さん向けに知っておくと良い知識や気を付けておくべき注意点等をご紹介していきます。

パチンコ・パチスロで稼ごうと思うなら店選びが重要だと思うので、こちらをご覧になって少しでもお役に立てれば幸いです。↓↓↓

効率よくデータを得るにはデータロボ「サイトセブン」がおすすめ!

パチンコ・スロットで勝率を上げる為にはお店の事をよく知る必要がありますよね!

サイトセブンは一週間の出玉情報だけでなく、リアルタイムのゲーム数やART突入回数まで把握できる優れものです。

  • お店が力を入れている機種は?
  • 特定日以外に力を入れている日はいつ?
  • 同じ台に設定を入れる頻度は?

上記のようなお店の「癖」を知る事はパチンコ・スロットで勝つ上で最も重要です。

移動費が掛らずお店の状態を把握できるので、利用していない人は損をしていると断言して良いでしょう。

サイトセブンを詳しく知りたい方は下の画像をクリックで登録ページにアクセス出来ます。

パチンコとは? パチンコ初心者必見!

f:id:kinnsora:20190716220229j:plainパチンコはギャンブルではないって知っていましたか?

街中を見渡せばそれら中にパチンコ店が散見しています。47都道府県にパチンコ店が存在しない所は今現在ありません。

多くの人々にとってパチンコ店が存在することは日常の風景となっています。

一般的な認識はパチンコ=ギャンブル、パチンコ店とは賭け事をするところだ、というものだと思いますがそれは一部で正解、一部で不正解です。

今回はその部分に主点をおいて説明していきたいと思います。

法令でいう賭博 パチンコ初心者必見

日本では公的に認められている賭博がいくつか存在します。競馬や競艇が代表的なものです。パチンコはその中に含まれていません。パチンコは風営法で管轄されており、4号営業に分類されます。そしてパチンコ店に特化して考えてみた時にいくつか理由があります。
① 換金を行っていない
風営法ではパチンコ店の換金行為、提供した景品の買取行為が禁止されています。また、有価証券などの提供も禁止されています。あくまでパチンコ店がお客様の出玉に対して相応の価値のある景品と交換することしかできません。

景品に関しても市場価格と同等でないといけない為、いわゆる安売り等もできません。パチンコ店とお客様では金銭のやり取りがないのです。ここが賭博ではない1つの大きな理由になっています。

② パチンコ、スロットには遊技性がある
こちらに関してはわかりやすい例を挙げます。

競馬では馬券を購入しますが、馬券の買
い方には結果に直結する技術介入の余地がなく、馬券を競馬場で買おうが、オンライン
サービスで買おうが他者から譲ってもらおうが結果は変化しません。

これに対してパチンコはハンドルの強弱や止め打ちの有無で打ち手によって結果が多少変化していきます。

パチンコは打ち手の技量によって結果が変化する パチンコ初心者の方は知っておきたい

f:id:kinnsora:20190716220539j:plainこれにより遊技性が生まれます。スロットでは目押しの技術がそれに当たります。パチンコ店のハウスルールでパチンコの固定ハンドル(コインや空き缶のプルタブ等でハンドルを一定の位置で固定する)やスロットの店員による目押し等は禁止となっているところがほとんどです。

その大きな理由はそれらの行為をすることで誰が遊技しても同じ結果が得られる状況になるのを防ぐ為です。

それら禁止行為を黙認するとパチンコ店側が賭博の斡旋と見なされ処罰されてしま
います。

今挙げた2点がギャンブルとパチンコ店との大きな違いになります。

しかし一方でいやパチンコ店で換金できるよね?という声も当然ながら存在します。

事実上、換金がされています。

それについて次は詳しく説明していきます。

パチンコ特殊景品、景品交換所、換金所の存在 パチンコ初心者必見

f:id:kinnsora:20190716220628j:plainユーザーはいくら勝った、負けたという話をされる事が多いと思います。パチンコ店で
の金銭のやり取りがないのであればおかしいのではないのか?と思われる方も多いで
しょう。

パチンコ店がお客様に提供する景品の中に特殊景品と呼ばれるものがあります。

地域によって呼び方は様々で「マーカー」や「文鎮」等と呼ばれていたりもします。

板状のものや棒状のものなど形状も様々で販売額に応じた価値のある貴金属が埋められ
ていたりします。

大体3種類で5000円、1000円、200円が一般的です。

お客様の希望に応じてこれらの特殊景品を提供します。

その後、お客様はその特殊景品を交換所、換金所へ持ち込み現金を得る仕組みになっています。「え?それってパチンコ店が換金してることになるんじゃないの?」と思われるかもしれませんがそうではありません。

先ほども言いましたがパチンコ店は換金行為ができません。あくまで獲得した玉数に応じた景品と交換しているだけです。景品交換所は古物商の資格を持ったパチンコ店とは全く別物の会社が経営しています。中古品買取業者や金券買取業者と同じ分類だと思って下さい。

そこがお客様の景品を買い取るのです。パチンコ店とは全く関係がないという
前提の話です。パチンコ店のスタンスとしては、お客様が交換した景品の扱いに関して
はお客様の自由でそれを家に飾ろうが、ゴミ箱に捨てようが、「知りませんが、物好き
にも買取してくれる場所があり、そこに持ち込んで売ろう」が全く関与しません。

という感じです。パチンコ店で特殊景品を受け取り、交換所へ持ち込む流れが浸透している
ため、そこまで含めてパチンコ店の管理だと思われる方も多く、初めて行ったパチンコ
店で交換所の場所を聞かれる方も多いですが上記の理由からまず教えてくれません。

パチンコ店としては交換所との関与を認められる方が問題なのです。

「いやいや、お店の敷地内にあるじゃないですか」と言われればそうなのですが、たまたまそこに出店しているだけで何をされているのかは存じあげませんというのがパチンコ店の言い分です。
これで営業が成り立っているわけです。

おかしな話に思えるかもしれませんがこれがパチンコ店の現実です。

ここに関しては警察も知らぬ存ぜぬで一貫していますが万が一にも景品所との関与を示すものがあってはいけませんのでパチンコ店側は細心の注意を払い、敏感になっています。

稀に警察の抜き打ち調査やパチンコ店の事情を知った上で悪意ある行動を取る方もおられます。

パチンコの打ち方

f:id:kinnsora:20190716220804j:plainパチンコは基本的に遊びの場です。

市場規模が縮小しているとは言え、未だ多くのファンがいます。パチンコ初心者の方も大学の先輩に誘われて始めた方や社会人になって仕事帰りに先輩や上司に誘われて付いて行ったなんて事も多いでしょう。

難しそう、あまり知らないと負けると考えている方も多いかもしれませんがあながちそうではありません。

スロットは勝つ為に知識が必要な場面もありますがパチンコに関しては特にそういったことはありません。初心者でも簡単に遊べるようになっています。

サンドにお金を入れて遊技玉を借り、ハンドルで玉の打ち出しの強弱をつけてスタートチャッカーを狙う。

あとは右打ちなど遊技台がナビしてくれますのでそれに従うだけです。

難しく考える必要はありません。

今はパチンコ台に初めてのパチンコ講座という動画を流してくれる機種もありますので不安ならそれらを見てから始めることをお勧めします。

あとわからないことがあれば店員さんに聞くことです。彼らもプロですので丁寧に教えてくれます。

パチンコ店の取り組み パチンコ初心者必見

一昔前まではパチンコ店は鉄火場でありタバコの煙が充満していてトラブルも多く客
層もチンピラやその筋の方が多く店員は刑務所帰りのパンチパーマな愛想の悪い人と
いうイメージがあったと思います。実際にそういう一面もありました。

しかし市場規模が縮小して新規のお客様を取り込む必要が出てきました。その為には初心者が入りやすい店舗作り、女性などの今までとは別の客層の獲得が必要でありその為にはそういうダークなイメージを払拭しなければなりません。

現在では分煙対策やスタッフの教育、女性をターゲットにした店内企画(スイーツ販売など)に力を入れてきており、比較的どなたでも楽しんでいただける様になっています。

その成果か今ではカップルで来店される若者やスタッフの求人も普通の大学生が増えるようになりました。

皆さんも余暇の過ごし方の1つの選択肢としてパチンコを選んでみては如何でしょうか。

パチンコ店へ行く!パチンコ初心者必見

f:id:kinnsora:20190716221507j:plainパチンコ店の世間一般イメージについて。

大学生になると色々な事が法的にも解禁され開放感から興味があるものに片っ端から手を出したくなります。

パチンコもその中の1つです。サークルの先輩や友達からの誘い、またはふとした会話の中に度々話題として登場します。私もパチンコを初めて遊んだのは大学生の時でした。

右も左もわからずになんとなくやってみて大勝ちしたのを覚えています。
でも初心者の人からするとパチンコ店ってなんとなく気軽に入りにくいイメージがあると思います。

私の場合は両親からパチンコは絶対にするなと言われていました。私は今、30代ですが親世代があまりパチンコ業界に対して良い印象を持っていないことが多く、同じように言われてきた人も多いのではないでしょうか。親世代がそう思うにはいくつか理由があります。

パチンコをする人にはアウトローが多い

パチンコ=ギャンブルと考えている人が実際に多く、楽して金銭を得ようとする人種は悪だという風潮があります。また、テレビやメディアで度々、犯罪者が滞在する場所としてお茶の間に発信されてきたこともあります。ですが実際はそんな事は全くありません。健全な遊びの場として老若男女問わず来店されます。属性も学生や主婦、サラリーマンや経営者など多種多様です。

そして万が一、パチンコ店でトラブルに巻き込まれたとしてもすぐに店員や警察が来てくれるので安心して大丈夫です。

パチンコ店で働いている従業員に身元不明な人が多い?

一昔前には確かにそういった一面がありました。刑務所帰りの人が職を求めてパチンコ業界の門を叩く事も多かったようです。

実際に業界の悪印象でどこのパチンコ店も求人が少なく人手不足に悩まされています。多少、経歴に傷があったとしても積極的に採用している時期もあったようです。

しかしそういった採用方法も時代と共に変わっていき、現在では社員は新卒しか採用しないパチンコ店もあるぐらいで、アルバイトスタッフに関してもパチンコを全く知らない人も大変多くなってきています。

パチンコとはTVゲームに近い

パチンコの仕組みとは単純で自分が使った玉より最終的に多くの玉を持っていれば勝ちです。それではどんな機種を打っても一緒のように思いますがそうではありません。打ち手が楽しめる工夫がたくさん施されています。液晶も年々多くなり、打ち手ができることも増えてきています。例えば、ルパン三世シリーズで言えばワルサーの形状をしたチャンスボタンがあります。液晶演出に併せて操作することで一種のアトラクションで遊んでいるかのような体験ができます。役物やギミックも派手になってきている傾向があり、見ているだけで楽しめます。私的にはTVゲームで遊んでいる感覚が一番近いと思います。有名アニメや映画、ドラマ等とのタイプアップ機もたくさん出ており、パチンコファンでなく
ても楽しめる内容も物が多いです。

パチンコをやってみよう

パチンコをやる上で初心者が知っておくべき知識はほとんどありません。最初は好きなコンテンツの台を遊技すれば良いと思います。誰でも簡単に遊べるようになっています。ただ知っておいた方が良いことはいくつかありますのでそれらをこれから書いていきます。

パチンコにはレートがある

一般的にはパチンコといえば1玉4円という認識です。風営法でそれ以上の高単価で貸玉
を行うことができません。ですのでこれが一番高レートということになります。10万円やそれ以上勝ったと言っている人はほぼ間違いなくこのレートで遊技しています。実際に打ってみればわかりますが10万円分の玉数は25000玉です。

これだけの出玉を獲得するのは容易ではありません。では他にどんなレートがあるのかというとその次に多いのは1玉1円です。

イチパチやワンパチと呼ぶ人もいます。4円パチンコに比べて同じ金額でたくさん玉を借りれますので少ない金額で長い時間遊技できるのが特長です。

その代わり、リターンも4分の1になりますので沢山出た割りには物足りないというユーザーもいます。1円パチンコはパチンコ初心者に向いていると言えるでしょう。

低いレートはたくさん種類があり私が知っている物で2円パチンコ、1円パチンコ、0.5円パチンコ、0.2円パチンコというのも世間には存在します。

パチスロで稼ごうと思うなら店選びが重要だと思うので、こちらをご覧になって少しでもお役に立てれば幸いです。↓↓↓

効率よくデータを得るにはデータロボ「サイトセブン」がおすすめ!

パチンコ・スロットで勝率を上げる為にはお店の事をよく知る必要があります。

サイトセブンは一週間の出玉情報だけでなく、リアルタイムのゲーム数やART突入回数まで把握できる優れものです。

  • お店が力を入れている機種は?
  • 特定日以外に力を入れている日はいつ?
  • 同じ台に設定を入れる頻度は?

上記のようなお店の「癖」を知る事はパチンコ・スロットで勝つ上で最も重要です。

移動費が掛らずお店の状態を把握できるので、利用していない人は損をしていると断言して良いでしょう。

サイトセブンを詳しく知りたい方は下の画像をクリックで登録ページにアクセス出来ます。

パチンコ店の店内では換金してもらえない!? パチンコ初心者必見

f:id:kinnsora:20190716222455j:plainパチンコ店は賭場ではなくアミューズメント施設です。出玉に応じてパチンコ店が金銭を提供するのはありえません。法令違反です。基本的にはカウンターに玉を持っていき、特殊景品を受け取ります。それを景品交換所、換金所へ持ち込んで買い取ってもらいます。景品交換所の場所をスタッフは絶対に答えてくれませんので自力で探すしかないです。初心者の人はよく景品カウンターに特殊景品を持ってこられますがそれは間違いです。

サンドの位置

サンドとはお金を入れる機械の事を指しますが、初心者は最初にどこへお金を入れたら良いのかわかりません。パチンコは左側についています。スロットは右側です。私は最初にパチンコ店へ行った時にパチンコ台で間違えて右側のサンドにお金を入れてしまい、パニックになりました。実際は隣の人にお金をあげたことになりますので間違えないように注意しましょう。

台取り、空き台の確認

パチンコでは台取りという行為があります。

これは私物を置いてその台をキープする行為の事ですが、ルールはお店によって様々です。遊技台に座ろうと思ったらその台が空き台なのかどうか確認しないといけません。

もし誰かが台取りをしており、知らずにその台に座って遊技してしまうとトラブルの元になります。まずはパチンコなら上皿を確認しましょう。

上皿に玉があれば誰かが遊技中です。

また玉が無くても私物が置いてあると誰かが台取りをしています。多いのがタバコやライター、ケータイ、ハンカチなどです。

お店によってはゴミやその他の物でも良かったりします。不安な場合は店員さんを呼んで聞いてみましょう。その方がドキドキしながら遊技するより安心で確実です。

パチンコを長時間遊技していない、離席すると空き台整理される パチンコ初心者必見

f:id:kinnsora:20190716222649j:plainパチンコ店はパチンコ台を遊技してもらわないと商売になりません。長時間離席していると空き台として台を他のお客様に開放します。

もし、電話や急な用事で外出する場合は店員さんに一声掛けましょう。休憩時間を設けているお店も多いので台を確保したままにしておいてもらえます。

しかしそれでも限度があり、お店によって異なりますが、30分から60分程度のところが多いです。連チャン中に他の人に開放されてしまったら後悔してしまうでしょう。

金銭、貴重品は置きっぱなしでパチンコ台から離れない

パチンコ店で非常に多いのが盗難、置き引きです。貴重品などを台取り物品として置き離席し戻ってみるとなくなっているという話を良く聞きます。残念ながらパチンコ店へ置き引き目的で来られる方もいるのが事実です。パチンコ店側もそこまで管理できていないのが実情で盗難されてもパチンコ店側は何もできません。警察に被害届を出してから捜査に協力するのみです。犯罪ですので警察の管轄になります。パチンコ店に限らずですが貴重品はしっかり管理するようにしましょう。

パチンコ店内の景品はお金では買えない

パチンコ店は金銭で物を提供することができません。タバコやジュースが欲しい場合でも全て玉やメダルでの交換となります。コンビニ感覚でカウンターへお金を持っていっても買えませんので注意してください。

身分証明書は必ず携帯しておく

パチンコ店では18歳未満の人の遊技が禁止されています。もし、18歳未満の遊技を黙認しているとパチンコ店が罰せられます。

ですので年齢確認は徹底して行っているお店が多いです。店員さんから身分証の提示を求められたら素直に応じましょう。

年齢の確認が取れない方は即時退店が一般的です。もし出玉を持っていても交換ができませんので全て没収になります。

18歳以上でも証明できなければ18歳未満と見なされます。出玉没収は一番最悪なケースですのでそうならない為に容姿が若く見える方は身分証の携帯をおすすめします。

立ち見や空き台観戦

こちらもお店のルールによって様々ですが、私自身は良しとしているところをほとんど知りません。友達や知り合いが打っている台を横の台に座って見ている、または後ろに立って長時間見ている事です。

先ほども書きましたがパチンコ店はパチンコ台を遊技してもらわないと商売にならない為、空き台の管理を徹底しています。

長時間遊技されていないとわかったらすぐに店員さんから注意が入るでしょう。後ろに立っている場合も通路の通行の妨げや他のお客様が気分を害される場合があるので声掛けの対象になります。

一度注意を受けるとお店側からマークされるようになるので些細な事でも注意を受けやすくなります。そして回数が増えるとお店側からの心象も悪くなり最悪、出入り禁止を言い渡される事もありますので注意しましょう。

初心者にとってパチンコ台の知識というのはほとんど必要ないものです。

ことパチンコに限って言えば若干の差違はあるもののほとんど損をすることなく遊技できると思います。打ち方も間違っていれば台がナビをして教えてくれます。

それよりも大切なのはお店のルールを守るということです。

あとは自分以外のお客様への思いやりです。

自分だけの場所ではなくみんなが楽しく遊ぶ場所ですので無駄なトラブルやいざこざはできる限り避けるにこしたことはありません。

最悪、たくさんのお金を負けて嫌な思いをしてパチンコ店から帰るなんてことになれば時間を無駄にしただけになってしまいます。

パチンコはほとんどの人が負けるようになっていますが楽しもうと思えばいくらでも楽しめますし嫌な思いをしないようにする為にも私が書いた事は最低限守るようにしましょう。

低貸しパチンコとは?パチンコ初心者必見

f:id:kinnsora:20190716223613j:plain上記でも簡単に説明をしましたが、細かく低貸しパチンコについて解説していきます。

一般的にパチンコといえば1玉4円での貸し出しの事を言いますが、ここ10年くらいで急
激に増えてきているのが「低貸し」と呼ばれるものです。

2円パチンコや5円スロットなど種類は豊富ですが、その中でも「1円パチンコ」が群を抜いて知名度が高いです。

今やほとんどのパチンコ店が4円パチンコとは別に1円パチンココーナーを設置しています。中には低貸し専門のお店まで登場する人気ぶりです。

パチンコ人口が年々減少する中、ホールデータを見ても4円パチンコはあまり稼動していないのに1円パチンコは平日でもフル稼働や4円パチンコの倍以上、稼動しているところがほとんどです。

今回は1円パチンコに焦点を当てて私の視点で書いていきたいと思います。

1円パチンコの歴史

f:id:kinnsora:20190716223641j:plainそもそも10年ほど前には1円パチンコはあまりポピュラーなものではなく、設置していてもパチンコ店も1島を使用して展開されている寂しい雰囲気でした。

始まりは年金暮らしをしている高齢者の方向けに用意されたものでした。

高齢者、特に田舎に住んでいる方々は時間を持て余しており、毎日パチンコを打つという方も多いのですが、通常のレート、4円パチンコだとあっという間にお金がなくなってしまいます。

高齢者の方は勝ち負けにあまりこだわらず時間を潰せれば良いという方も多かった為、少ない投資額で長い時間遊ぶことのできる1円パチンコはまさにうってつけというわけです。

その為、スペックも甘デジが好まれることが多く、当時は交換率もかなり悪かったのを覚えています。お店としても4円ではあまり動かない台や人気の低い台、一部が動作不良を起こしている台を1円パチンコへ回していました。

それでも多くの高齢者が毎日、楽しく遊ぶことができていました。それからしばらく時が経ち、世間は経済の不況で比較的若いユーザーが1円パチンコへ移行しだしました。

少なかった1円パチンコを設置しているパチンコ店もみるみる増えていき、お客様の取り合いが始まりました。

交換率が良くなっていきましたがそれに伴って厳しい調整も増えていきました。

最初は利益度外視でパチンコ店も1円パチンコを運営していましたが次第に利益を取ることを考えていきました。

競争が激化し、最新台を1円パチンココーナーへ導入する店舗も出てきました。新台を導入する為には新台の代金をお客様から回収しなくてはいけません。

さらに厳しい調整となり、もはや高齢者の方が少ない投資で1日遊べるという状況ではなくなってきました。昔の感覚では五千円も負ければ多いくらいでしたが、最近ではよく1円パチンコで数万円負けたという話も聞くようになりました。

この点に関しては私自身、当初の目的とは大きくかけ離れて非常に残念な流れになってしまったなと思っています。

1円パチンコの使い方 パチンコ初心者必見

f:id:kinnsora:20190716223741j:plain今でも多くの高齢者の方が1円パチンコを好んでご遊技されます。先に書いた通り、今では4円パチンコよりはマシという程度でしかないと私個人的には考えています。

今現在の1円パチンコの使い方は初心者の入門用という感じではないでしょうか。

今では大学生でパチンコ初心者の人が良く遊びに来られているのを見かけます。

それで一通りの遊び方を覚え、さらに大きな刺激を求めて4円パチンコに移行する流れだと思います。そしてお店側もそれを斡旋している部分があります。

一番大きな事で言えば他レート乗り入れシステムです。他レート乗り入れシステムとは本来は、1円パチンコで出した玉を4円パチンコへ持っていって遊技することは禁じられています。当然、1玉あたりの値段が違うわけですからお店側も目を光らせています。

1円パチンコの出玉を一旦、交換し、現金に変えてから4円パチンコを打ち直す流れになりますが、この方法をとると交換率の分、損をし、時間もかかり面倒です。そこで昨今、取り入れられているのが他レート乗り入れシステムです。

これを利用すると1円パチンコの玉を4円パチンコの玉へ自動的に変換してくれ、そのまま他レートでの遊技が可能となります。
交換する手間と交換率の分の損失がなくなり非常に便利です。パチンコ店としても1円パチンコより4円パチンコを遊技してくれた方が利益は大きいのでお互いにWin-Winなシステムといえるでしょう。ぜひ活用してみてください。

1円パチンコの調整

少ない金額で長い時間遊べる事が売りの1円パチンコですが、釘調整の状況はお世辞にも良いとは言えません。パチンコ店により方針は様々ですが私自身、4円パチンコより良い状況にしているところを知りません。

パチンコ店はお客様により多くの現金を使用してもらわないと売り上げが上がりません。ましてや1円パチンコは1000円で1000玉出ますので1000円使い切るのに大体15分程度かかります。

1度も大当たりしなくても1時間に4000円しか使ってもらえませんので非常に効率が悪いです。低貸し専門店では全ての費用をそこから賄わなくてはいけない為、比較的厳しくならざるを得ません。

1円パチンコの利点

1円パチンコの良いところは少ない金額で長く遊べることです。初心者への入門用にももちろん、私個人としては友達同士でパチンコを楽しむときは1円パチンコをおすすめします。ツレ打ちをするにはやはり隣同士で座りたいと思いますし、勝ち負けにこだわらず演出やコンテンツをわいわい言いながら楽しむには適していると思います。4円パチンコで大きな金額を負けているとなかなかそういうわけにはいかないと思います。どちらかが負けて、どちらかが勝っていると気まずい雰囲気になったりもしますし、気を使ってなかなか心の底から楽しめない状況になったりもします。1円パチンコならそういった状況になりにくいのではないでしょうか。

1円パチンコの欠点

少ない金額で遊べる分、リターンも少ないです。4円パチンコを遊技する人で1円パチンコを毛嫌いする人がいるのですが、理由は大きく勝てないからです。1円パチンコは勝つ為ではなく楽しむため、時間を潰すための物だと考えていますのでドキドキ感などは4円パチンコに比べて少ないかもしれません。あと先ほども1円パチンコの調整のところで書きましたが勝てる調整ではないので運よく早い当たりで大きく連チャンすれば勝てますが打ち続けるとまず間違いなく負けます。

初心者の方はまず1円パチンコから

それでも負けるといっても4円よりはスピードが遅いので初心者の方はまず1円パチンコ
からパチンコとはどんなものか触ってみることをおすすめします。1円パチンコで遊び方やいろんな種類の台を触って慣れるようにすると良いと思います。パチンコを始めた頃は派手な演出や図柄が揃って大当たりするだけで楽しいものです。

それで楽しいと感じなければ4円パチンコもあまり楽しめないのかなと思います。勝てば楽しいと思うかもしれませんが、勝ち負けだけだとパチンコである必要がないと私は思います。

それこそ、競馬やスクラッチくじの方が時間がかからず効率が良いです。まずは勝ち負けにこだわらずパチンコという遊びを体験する良い場所と考えて1円パチンコを利用してみてください。

パチンコ初心者はパチンコ依存症に注意! パチンコ初心者必見

f:id:kinnsora:20190716224329j:plain

パチンコ依存症とは
近年、日本にカジノを作る計画が国主体で存在します。その議論の途中で依存問題についてメディアでも大きく取り上げられました。

ギャンブル依存の最たる例としてパチンコも再び世間から厳しい目を向けられる事となりました。

パチンコ依存症とは一部の人がパチンコに娯楽の範疇を超えてのめり込み、生活に悪影響を及ぼす状態のことを言います。今回はそれらについて書いていきたいと思います。

パチンコ依存症の症状

  1. 実に様々ですが主だった例を書いていくと
  2. 友人や知り合い、消費者金融などから借金をしてパチンコをする
  3. パチンコをする為に約束を破る
  4. 休みの日もパチンコ店の開店時間までに目が覚める
  5. パチンコを打っていると金銭感覚がわからなくなり多額のお金を投資する
  6. 使ってはいけないお金に手をつける

など他にもあるのですがこういう事が起こりえます。
時間があればパチンコをしてお金がなくなれば借金をするようになる人もいます。

生活の中心がパチンコをすることになってしまい、最終的に友人や周りの人から信頼を失い、また自力で制御することができない為、半永久的にその状態が続くこととなります。

パチンコ依存症にならない為に

パチンコ依存症にならない為には限度を決めることが大切です。遊技時間や投資金額をあらかじめ決めていくと良いでしょう。休みの日には予定を入れて予定の空き時間をパチンコに充てると良いです。また投資金額も決めておき、それ以上のお金は持っていかないようにします。また遊技中に休憩を取ることも有効です。

もしパチンコ依存症になってしまったら

少しでも自覚が出てきたのなら早めに対策しましょう。時間が経てば経つほど悪循環に陥り状況が悪化します。そして自分1人では改善が難しい場合がほとんどですので外部機関に頼るのも1つの手段です。信頼できる人に相談するのも良いですが世の中にはそういう人ばかりではありません。そういう依存症の方をサポートする機関も存在します。

リカバリーサポートネットワーク

リカバリーサポートネットワーク、通称RSNというのがあります。どこのパチンコ店でもこの機関の相談窓口やポスターの掲示が義務付けられています。いわゆる相談ダイヤルで無料でパチンコ依存症に対する相談やアドバイスがもらえます。

パチンコ業界の依存症への取り組み

パチンコ業界も依存症への取り組みを行うことに力を入れています。現実的な話をするならば業界は依存症の人が増えたほうが潤います。しかし世間からの風当たりが強いこともあり、対策を講じることは半ば必須とも言えます。ではどういったことを行っているのでしょうか。

パチンコメーカー側の対策

パチンコの遊技中に画面に標語を出すようになっています。今では大当たり終了時に「パチンコは適度に~」という文言が表示されるのが一般的になっています・
・遊技組合の取り組み
派手な外向けの発信の規制や地域によってはパチンコ雑誌のライターや芸能人の来店の規制を行い、射幸心を煽る表現を抑止するなどしています。

パチンコ店の取り組み

パチンコ店には1店舗に複数人のアドバイザーの設置が推奨されています。アドバイザーとは上記のRSN主催の講習会に参加し、依存症への理解や対策を学んだプロフェッショナルの事です。依存症の方へのアドバイスを適切に行えるとされています。またパチンコ店にはお客様、もしくは親族の方からの申し出により投資の上限金額の設定ができる機能がある場合があり、上限金額に達するとスタッフがお声掛けをさせてもらうようにもできます。ただ残念ながら私の店舗では過去3年間で1度も申請がありませんでした。まだまだそういった対策がユーザーに認知されていないのが現状です。

当局の対策

出玉規制や高射幸性機の撤去など少ない時間で多額のお金が勝てる機種を減らす流れです。その分少ない時間で長く遊べる機種を増やす流れになってきています。

これによりパチンコにのめり込むユーザーを減らしていこうと考えています。ギャンブル性を低くし、遊技性を高めていくことが求められています。

最近ではパチンコ人口が減少し、それに伴ってパチンコ店も大きく減少しています。今では平日の朝早くからパチンコ店に若者が並ぶという光景もあまり目にしなくなりました。

これは業界にとって向かい風な状況ですがそれでも社会問題と化している依存症問題に取り組んでいかなければなりません。

利益を重視するなら相反する事なのですがパチンコが世間にもっと大衆娯楽として認められるにはこの相反することへの答えを模索し、見つけていくしかないと私個人は思っています。

ユーザーとパチンコ業界が更に真摯にこの問題の解決に尽力していかねば良い未来はないのではないでしょうか。

パチンコ初心者必見!始め方と押さえておくべき知識・注意点まとめ

f:id:kinnsora:20190716225716j:plainいかがだったでしょうか。

パチンコ・パチスロで稼ぐことを目標にする場合は技術や運ではなく、お店の情報収集と我慢をすることが最も重要だと思います。

パチスロで稼ごうと思うなら店選びが重要だと思うので、こちらをご覧になって少しでもお役に立てれば幸いです。↓↓↓

効率よくデータを得るにはデータロボ「サイトセブン」がおすすめ!

パチンコ・スロットで勝率を上げる為にはお店の事をよく知る必要がありますよね!

サイトセブンは一週間の出玉情報だけでなく、リアルタイムのゲーム数やART突入回数まで把握できる優れものです。

  • お店が力を入れている機種は?
  • 特定日以外に力を入れている日はいつ?
  • 同じ台に設定を入れる頻度は?

上記のようなお店の「癖」を知る事はパチンコ・スロットで勝つ上で最も重要です。

移動費が掛らずお店の状態を把握できるので、利用していない人は損をしていると断言して良いでしょう。

サイトセブンを詳しく知りたい方は下の画像をクリックで登録ページにアクセス出来ます。